合氣道 四方山話

合氣道いろいろ

「日本と合氣道を軸に様々なお話を気楽に綴ります」

ここに掲載するのはFacebookに公開中の武産合氣會日誌の成長(退化?)版です。当会の合氣道に関わることを中心にしますが、技術や理念の話だけではなく、その他のこと最近関心の深い時事問題、社会の問題など、色々と気楽に書き綴ります。軸は日本人であること。この国を守りさらに発展させるにはどうすればよいか。愚痴っぽいことも交えて書きます。こんなのでもよかったら、見てください。


28.06.20

武産合氣會
合気道

現在武器技のみ稽古中
杖の操法ことはじめ
... See MoreSee Less

28.06.20

靖国神社には30年近く前からできるだけ毎年参拝してきましたが、つい最近になって、映画「凛として愛」に遅ればせながら気づき紹介しました。この映画は平成14年靖国神社の遊就館映像ホールで上映されるも僅か2日で中止に追い込まれ、その数年後にこの映画の脚本監督をされた泉水隆一監督は無念の言葉を残して亡くなられました。
 日本人が日本国を誇りに思うことがなぜいけないのか、明らかに周辺国の邪悪な思惑とそれに動かされる軽薄な日本人、自らの歴史を忘れるよう仕向けられそれに抗うことが無かった日本社会の責任です。周辺国から見て異次元の輝かしい歴史と底力をもちながら、自らの力に気付かず、気付かないように仕向けられていることにも思い至らない人が多いありさまを嘆きます。
 まるで羊の群れであるかの如く、様ざまな領域で侵透され侵されてきた我日本国ですが、これから本来の日本を取り戻す闘いに加わり先人の血と涙の挙句に残された日本の国体、この日本をさらに輝ける国にするために共に働ける人を一人でも多く見つけ、育てることに微力を尽くしたいと思います。
惟神合氣道 武産合氣會 統括師範 﨑川
... See MoreSee Less

25.06.20

大東亜戦争(米国側からは太平洋戦争と云う)は有史以来日本人が初めて大負けした戦争でした。この戦争に突入した経緯も、なぜ負けたかも、多くの検証がなされています。今思えば悔しい失敗も愚かな行動も沢山あります。それでもなお日本は輝かしい歩みを続けてきたと断言できます。

大東亜戦争で米国との国力差は厳然としてあったにせよ、決して負けるべき闘いではありませんでした。 およそ80年前、当時の世界は欧米諸国によってアジアの殆どが植民地や準植民地として領有され、日本以外のアジア・アフリカ人の殆どに自治権が無かった時代です。欧米から見て東洋人は人間ではなかったわけです。

その状況を自ら血を流して変えたのが我々の祖先です。日本人は自国に自信を持たねばなりません。先人の歩みをしっかりと理解することで、現代を前を向いて生きていくことができるはずです。日本の歴史は他国のように嘘で固める必要は全くなく、正直に全てを晒せばよいだけ、よく知らない人も虚心坦懐に勉強してください。きっと熱い思いを抱けるそしてこの平和を築いてくれた先人に感謝し、敗戦前後に生じた歪を直しこの国を正常な国に戻す努力をしてくれると信じています。

「凛として愛」鑑賞下さい。
https://www.youtube.com/watch?v=QwpWKoV13GY&t=305s

<武産合氣會>
... See MoreSee Less

25.06.20

武産合氣會
合気道稽古再開しました。
武漢肺炎対策のため長らく休止していましたが、緩和措置を受け独自の対策もこうじて再開です。

合気道には合氣剣、合氣杖、そして二刀技があります。
組技は暫く控えますが、型だけでも数年では覚えきれません。
合氣の大本につながる体技をここでしっかり身につけてもらいます。

/武産合氣會
... See MoreSee Less

23.05.20

<杖のこと>その1

ここまで我々の合氣道で多用する木刀のこと、特に鍛錬刀と真剣についてその一端を紹介した。刀についてはマダマダ書きたいことがあるが、一旦休みにしてここからは杖のことを少し書こうと思う。

我々武産合氣會合氣道の技術体系中で合氣剣と並んで豊富なのが杖術だ。「じょうじゅつ」と読む。合氣杖あるいは合氣之杖、特に武産合氣之杖術と呼ぶ。鍛錬用に使う鍛錬杖なら大人の手でやっと掴める太さで六尺棒よりは短いが手幅より長い。但し一般稽古用は太さ九分、手幅一杯程度。よく武道具屋で扱っている4.2尺棒(杖)は当会の子供用に近い。我々がこの4.2尺棒を持つと頼りなさすぎて不安になる。それなりに長さと重みがある方が使い勝手がよくなるよう鍛錬しているので。
ともあれこれを自在に操作し、打合い、対剣の技も多数あり、当然太刀取り同様に杖取りの技もやる。技についても公開禁止の部分を除いて少しだけ今後公開する機会があると思う。
HPにも記載しているが、剣以上に豊富な技術群があり習得に相当時間を要する。覚える技が多過ぎて圧倒される人が多いが、巧みな技が非常に合理的に編成されており、好みにもよるが覚えるのが楽しくなること必定である。内容についてはせいぜい初段程度までの一部しか公開できないのが残念だが。

/國常
... See MoreSee Less

16.05.20

<まずは鍛錬刀から>その4

すこし脱線したけど、鍛錬刀の良いところは、まず重心の位置が丁度刃長一尺七~八寸程度の長刀と同じ位で、形を同じくしながらも敢えて刃斬りを悪くし真剣よりも重くしている点にある。あとは職人さんのセンスと愛着にある。日本人は道具にも心を通わせる。心がつながる刀を求める。だから大切にする。極端な反例だが、使い捨ては本来日本人とは最も遠い概念です。

この刀鍛錬刀は慣れれば繊細な技稽古も可能で、竹刀稽古は申すに及ばず、普通の木刀よりも遥かに真剣様の稽古ができる。
現代で真剣を使うことが現実になるとは思わないが、イザとなればという心構えは武道に携わる者の務めであると思っている。武道とスポーツの大きな違いの一つ。なぜ合氣道が試合をしないのかということにもつながるが、この話は後日しよう。

/國常
... See MoreSee Less

 

 


※稽古日誌を見たい方はたまーに更新するので、こちらを見てください。

 

― 神戸武産合氣會 ―


➡ 表紙ページへ

➡ 武産合氣會とは