合気道修得

武産合氣會では 素手の技である体術のほか、合氣の武器、呼吸法を指導し、

級段位に応じて段階的に各種の技法を身に着けていきます。



合気道 体術

合気道 投げ落とすところ
投げたところ 力まず自然の体の動きを使います

体術は素手の技ですが、後述の合気の剣や杖に密接に繋がっています。内容には投げ技から関節技、当技等体技全般を含みます。 ➡体術各種

1.座り技 座り正面 合氣座り取 

2.立ち技 受け正面・横面打ち 合氣正面・横面の取り各種

3. 受け片手・両手・双手 合氣掴み取各種

4. 受け胸掴み 合氣胸取り各種

5. 受け後ろ掴み 合氣後ろ取り各種

5. 受け突き 合氣突き取り各種

6. 受け蹴り 合氣蹴り取り各種

7.その他 肩取り、後ろ襟取り、首取り等

 

合気道 武器技

武器技は当会の最も特色のある技術であり、体術の体捌きの元になる重要な技法を習得します。

1.合氣の剣(剣術)

合気の剣 合気道武器技稽古
合気道では体術と共に剣や杖を習得し体術以上に使えるようになります

2.合氣の杖(杖術)

3.合氣二刀術

4.短刀術

 

■呼吸法

呼吸を修めて無駄な力みを抑え、体技に活かします。これも各種修めます。

 

―武産合氣會-


➡ 体術へ

➡ 武器技へ

➡ 呼吸法へ

➡ 合気道 稽古次第(特徴)

➡ 合気道修行の目的